足立区でホームページ制作・管理なら デザインオフィスすぴか へどうぞ SEO対策もお任せください!

コラム

第3回コラム

~見積りを出す前に決めておかなければならない4つのこと:「やりたいこと」「納期」

では、前回に引き続き項目の説明をしていきます。

2、「やりたいこと」
サイトを作る上で、そのサイトに組み込みたいものが色々とあると思います。動画であったりブログであったり、他にもオリジナルのイラスト制作、A/Bテスト、SEO対策などなど、サイトに関係することで制作会社に依頼できることは多々あります。
※会社によって対応してもらえる内容は異なります。

何を組み込んだらいいかわからない、最低限必要なものって何?といった疑問をお持ちでしたら、まずは制作会社に問い合わせてみましょう。
やる気のある制作会社でしたら、逆に提案してきてくれるはずです。
webサイトは、制作したあと放置しては意味の無いものになってしまいます。
作った後は、定期的な更新やSEO対策などで継続して管理していかなくてはならないものです。
ですから、最初から完璧なものを目指すのが難しいようなら、最初は簡単なサイトを制作し、時間をかけて完成させていくという手段を取るのもいいかもしれませんね。

まずは、何でもかんでも組み込めば良いというわけではないことをご理解して頂きたいと思います。

3、「納期」
webサイト制作は、一朝一夕で完成するものではありません。
新規制作を前提としますが、まずはサーバーやドメイン取得をします。この時点で使われていないドメインでないと取得できませんので、ドメインが上手く取得できず、時間が取られる場合があります。
さらに、実際にページを制作し始めてもテキストや画像など資料の用意に時間が掛かったり、一度制作が終了しても依頼主のイメージに合わず修正を繰り返して時間が掛かったりたりなどは、サイト制作では基本です。納品までに何だかんだ最低1ヶ月は掛かると想定しておいた方が無難かと思われます。
逆に納期までの期間が十二分に確保できていれば、見積り額を勉強してもらえるかもしれません。絶対ではありませんが。

第2回コラム

~見積りを出す前に決めておかなければならない4つのこと:「目的」

さて、第1回目のコラムでも記載した通り、「目的」「やりたいこと」「予算」「納期」が見積りに必要な4つの項目となります。
では、この項目がどういった意味なのか、順に説明していきたいと思います。

1、「目的」

これは、“webサイトを作り、何を目指すのか” を考えて頂きたいということです。
そもそも、「何故webサイトを作りたいと思ったのか?」と問われれば、大抵の場合「目的を達成するための1つのツールとして有効だと思ったから」という回答になるのではないでしょうか。
例えば、企業情報や商品情報の紹介などなど。要するに、「宣伝効果を期待して」というのが理由の一つとしてあるのではないでしょうか。

ところで、その宣伝効果を期待する上で、制作依頼時によく聞く要望の一つが「インパクトが欲しい」というものです。
なるほど、確かに。インパクトがあれば目を引き付けますし宣伝効果も期待できるかもしれません。しかし、そもそもサイトにアクセスしてもらわなければインパクトも何もあったものではないと思いませんか?

では、逆に考えてみましょう。
制作したサイトが検索順位で1位になった場合、当然そのサイトは一番人の目に触れるサイトとなる訳ですが、果たして、そのサイトに“インパクト”は必要なのでしょうか?
そのサイトで扱っているものによっては、インパクトがあった方が良いということも当然あります。
例えば、新作ゲームソフトの公式サイトですね。これならば、インパクトが重要であることも理解できます。
では、例えば飲食系や美容系のサイトだと如何でしょうか。レストランの店舗紹介や化粧品の新商品情報などで、イメージに合ったサイトであればインパクトなどなくとも十分宣伝効果が望めると私は考えています。

話を戻しますが、上で述べたことを踏まえて “webサイトを作り、何を目指すのか” を改めて考えて頂き、何が本当に必要な要素なのかを考えて頂きたいと思います。

第1回コラム

~見積りを出す前に決めておかなければならない4つのこと~

ホームページ制作の見積りを制作会社に依頼する際に、「予算は決まっていない」とか「やることは決まっていないが、とりあえず概算でいいから見積りを出してくれ」といった事を依頼される場合があります。

もちろん、制作会社には今まで経験してきたノウハウがありますから、ある程度ベースとなる金額を提示することは可能です。
しかし、こういった場合は制作中に「アレをやりたい、コレを追加してくれ」といった要望が依頼主から出るのが世の常です。

そうなるとどうなるのか。
コンテンツや機能を追加するわけですから、当然金額があがります。
バナー(画像)の加工・設置であれば数千円から対応してもらえるでしょうが、レスポンシブなどにした場合は倍額になってしまってもおかしなことではありません。
(※金額の相場はありますが、制作会社によってピンキリです。必ずしも上記のような金額で対応されるわけではありません。)

あまりの金額の違いにプロジェクトが頓挫する可能性もあります。
「最初からやることが決まっていれば予算が組めたかも」
「予算が決まっていれば制作会社からできる範囲の提案がされていたかも」

こんなことを繰り返していては、いつまでたってもホームページは出来上がりません。
納期に間に合わないといったこともあるかもしれません。
それでは、お互いに困ってしまいます。<

そこで、見積りを出す前に決めておかなければならない4つのことがあります。
「目的」「やりたいこと」「予算」「納期」

この4つが見積りを出す上で、最低限必要となる項目です。
社内で決まられないようであれば、制作会社に相談するのも良いでしょう。

次回は、決めておかなければならない4つの項目について書いていきたいと思います。

Page Top